« ビフォア・サンライズ~恋人までの距離 | トップページ | わらじ・・・ »

2006年5月18日 (木)

陽気なギャングが地球を回す

中盤、「あ、そうだ。映画観てたんだ!」

そう思うくらい見入ってました。

物凄くハラハラさせるという訳でもなく

この先どうなっちゃうの?!

というハラハラ感があったわけでもない。

なのに、不思議とあの世界に入り込んでました。

面白い!




Youkinagangb 監督:前田哲



出演:大沢たかお、鈴木京香、佐藤浩市、松田翔太、大倉孝ニ







~あらすじ

かもめ銀行。電話を受けたひとりの銀行員・朝倉が「爆弾が仕掛けられています。早く逃げて!」と叫んだ。一目散に銀行から居なくなる人々。残ったのは朝倉の他、居合わせた男女4人。その内のひとり成瀬が、銀行の金を狙った朝倉の狂言を見破った。実はこの4人。それぞれにちょっと変わった特技を持っていた。嘘を見抜く成瀬、スリの天才・久遠、演説のエキスパート・響野、完璧な体内時計を持つ雪子。万事休すの朝倉を前に、彼らは思った「自分たちならもっと上手くやれる!」。




まぁ、これを観ようと思ったキッカケは大沢たかおですが(笑)

好きなんです、大沢たかお

ちょっとコメディータッチに描かれていそうだったところも惹かれましたけど。

あぁ、そんな事がキッカケでチーム組んじゃいますかという感じで、何とも安易にチームができてしまったのは結構ムリヤリ~とか思いましたが、そこはあまり追求してはいけないのです(笑)

銀行強盗のくせに衣装がド派手すぎるとか。

強盗らしくないけど、鮮やかな手口とか。

どうでもいいけど喋り過ぎなロマン好きの佐藤浩市とか。(珍しく金髪での役に立つのか立たないのか微妙な役。でも意外性があって良かったですよ)

話の流れや結末なんかはある程度察しがつくものの、全く退屈感がない。

ずっと魅せてくれる感じ。

今回はクールな大沢たかおよりも、脇をかためていたキャスト勝ち。

これが映画デビューとなった松田翔太は演技力はマダマダな気もするものの、佐藤浩市との車内での掛け合いはなかなか良かったですよ。

大倉孝ニは気持ち悪い役がよく似合うし。

でもでも、脇役のなかで個人的に1番キタのは・・・





松尾スズキ





出て来ただけで面白い。(アクマでも個人的な意見)

テンポのいい、オシャレで、まさに陽気な映画なのでオススメ!

|

« ビフォア・サンライズ~恋人までの距離 | トップページ | わらじ・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82983/1847182

この記事へのトラックバック一覧です: 陽気なギャングが地球を回す:

« ビフォア・サンライズ~恋人までの距離 | トップページ | わらじ・・・ »