« くしゃみ・鼻水・鼻づまり | トップページ | 痰 »

2006年6月13日 (火)

初恋

1975年に時効を迎えた今も、あの3億円は全く使われていない。

自分が生まれる前に起きた事件。

その犯人は、まだ生きていておかしくはない。

ぜひ名乗り出てほしい!な~んて思ってしまいました。

どうして3億円を現金輸送車から奪ったのか。

時効を迎えたのに、どうしてお金に一切手をつけないのか。

き、き、気になる・・・!

その誰も知らない真実と、”初恋”の行方が気になるという余韻が残るステキな作品に仕上がってました。

Hatukoib 監督:塙幸成

出演:宮崎あおい、小出恵介、宮崎将、小嶺麗奈、柄本祐





~あらすじ

高校生のみすずは、小さい頃から孤独だ。みすずの母親は小さい頃、兄を連れていなくなったきりだった。ある放課後、みすずはとある場所に足を運んでいた。目の前にはBというネオン看板。みすずの手に握られたマッチの名と同じだ。数日前、兄が突然現れ手渡したマッチだった。店内に進むと、彼らはいた。兄の亮、女優ユカ、浪人生タケシ、肉体派テツ、お調子者ヤス、そして東大生の岸。仲間に加わったみすずの生活は少しずつ変化していく。そして岸に対して生まれた切ない感情…。そんなある日、岸がみすずに驚くべき相談を持ちかける。




何しても可愛い、宮崎あおいちゃん。

白バイに扮した姿や60年代のレトロな服装も似合ってました。

そんな宮崎あおいちゃん、どうやら 『NANA』 の次回作は辞退したとか・・・?

そして売り出し中(?)の小出恵介くん。

ピッチリ横分けは微妙でしたが、やっぱりステキ。

作品の中でみすずの兄の亮を演じているのは、あおいちゃんの実のお兄さん。

演技は初めてなのか?、ちょ~っとイケてませんでしたが(苦笑)。

ヤスを演じていたのは柄本明の息子、柄本祐。

顔はイケてませんが(苦笑)、色んな作品にチラチラ顔を出してます。

今後に期待できる俳優かもしれませんねぇ。




常時ネタバレ発信中~




母親に見捨てられ、親戚の家でも冷たくされ、学校でも一人ぼっち。

そんなみすずが出会ったのが、岸。

みすずは岸に惹かれて、初めて恋心を抱く。

誰からも必要とされたことのないみすずは、岸の、「みすずじゃなきゃ、ダメなんだ」という言葉に自分が必要とされていることを実感したくて、岸の計画に乗ります。

お金のためじゃなく、力でものを言う政府への反撃だと岸は言っていたんですが、その時は正直どうなの?と思ってました。 そんな事言っといて、みすずを利用してるんじゃないの?!と勝手に思ってました(笑)。

でも考えが甘かったのか、お金は盗めたけれども岸の思うようにはならず、海外へ高飛びすることになってしまいます。

いつか帰ってくるという約束を信じて待つみすずも、精神的に限界がきていた時に本棚から落ちた岸がいつも読んでいた本に、メモが書かれていました。

みすずへの手紙か何かが挟まってたのかな?と思ったら、それは岸が初めてみすずに出会った日のことが書かれていたんです。

これは最初で最後の恋だったこと、そして二度とその人(みすず)には会えないということが書かれていました。

そこで、みすずは岸には会えないということを悟ったはず。

そして岸もみすずと同じように本気で恋をしていたことも分かりました。

事件後みすずに会えば、警察はみすずを疑うかもしれない。

みすずのために姿を消した岸、帰ってはこないだろうと分かっていても、それでも待ち続けるみすず。




最後、みんながどうなったのかというのがテロップに出てくるんですが・・

岸は、消息不明ということでした。

せ、せ、せ、・・・切ない!切な過ぎる!

物語はわりと淡々と進んでいた感じだったんですけど、あのメモを見た瞬間から異様なまでの切なさが襲ってきます。

小出くんだけを観に行ったつもりが、やられてしまいました。

すごく好きな作品です。

|

« くしゃみ・鼻水・鼻づまり | トップページ | 痰 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82983/2176025

この記事へのトラックバック一覧です: 初恋:

« くしゃみ・鼻水・鼻づまり | トップページ | 痰 »